コネ0(ゼロ)でも大丈夫?声優デビューに必要な人脈の作りのコツ

●やっぱりコネがないとデビューできないの?

コネ”と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?

5ccc85995af5a07770f662460cf28b2b_s
コネがあれば、ある日突然業界関係者から連絡が来て…

「君、たまにはご飯でも行こうよ」
と言われたり、
「今日、あの有名な〇〇さんと飲むんだけど、君も来ない?よかったら紹介するよ?」
なんて言われたり、
「君、今度こういうアニメのお仕事があるから出てみない?」
と言われ、

「君、ついにデビュー決定だよ!」

なんていう展開で、プロデビューが決まる…

 

残念ながら(?)、いくらコネがあっても、
こんな風にトントン拍子でデビューが決まることは、まずありません。

もしこんな展開でデビューが決まった声優がいたとしても、
その人は、声優としての魅力可能性があったからです。
それは、コネではなく、ある意味その人の「実力」と言えるでしょう。

 

養成所や専門学校に通い始めると、
同じスクールに通う生徒の立場なのに、
プロ声優や制作スタッフに知り合いがいるという仲間に出会うでしょう。

また、スクールのスタッフさんと仲の良い人や、
スクールに出入りしているプロダクションのマネージャーに
頻繁に声を掛けてもらえる人もいるでしょう。

 

同じスクールの生徒とは言え、
身近な知り合いにそういう人がいると、
なんか一歩も二歩もリードされた気がしてしまいますよね。

iris16011902_tp_v

どうやってコネを作ったんだろう?
コネなんてズルい!”
自分にはコネもないし、人見知りだから、やっぱりデビューできないのかな?


 

このように、コネがないと、どんどん不安になってしまう人も多くいます。

では、コネがないとデビューはできないのでしょうか?

いえいえ、安心してください。

 

コネがなくても、ちゃんとデビューはできます。
どの声優さんも、
もともとはコネなんてなかったという人がほとんどです。

プロを目指し、努力をしている過程で、
自然と人間関係広がっていったという方が大半です。

 

たまに、親が有名人だったとか、
たまたま知り合いの業界関係者に
声を掛けてもらったという人もいるかもしれませんが、
そもそも才能や実力がなければプロの声優として
長く活躍することはできません。

可能性も何もない人間が、いきなりデビューできるほど、
声優業界は甘い世界ではありません。

 

コネとは、あなたに声優としての資質があって
初めて意味があるものになるのです。

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s
しかし、そうは言っても、
業界関係者やプロダクションのスタッフさんに、
自分の存在を知ってもらうキッカケをつくることは、とても大切です。

 

どんなに可能性や実力があっても、
スクールに通ってスキルを磨いたり、
オーディションを受けなければ意味がありません。

最終的にプロの声優としてデビューするためには、
自分の力だけでは不可能です。

マネジャーや制作スタッフさんがいて
初めて声優のお仕事をすることができる訳ですから、
そういう意味では、コネや人脈は、とても大切と言えるでしょう。

 

では、どうしたら声優デビューするために必要な人脈を
築いていくことができるのでしょうか?

 

今回は、声優デビューに必要な人脈の作りのコツを伝授します!

 

 

●最初は誰でもコネ0(ゼロ)!デビューに必要な人脈の作り方を伝授!

 

コネがないと悩んでいる人は、
発想を変えて、コネや人脈を作っていこうという
積極的な気持ちを持つことが大切です。

3dabb7f52c6bafc1bfb7ace4543efa8f_s
そもそも、声優としての資質があると認められれば、
自ずとコネはできていきます。

 

“この子は可能性がある!”

 

とスタッフさんや講師の方に思ってもらえれば、
自然とあなたを応援する人が増えていくのです。

もちろん、このような人間関係を作ることは、
そう簡単なことではありません。

親友との深い関係を築くように、
コツコツ積み重ねていくしかありません。

 

しかし、いくつかのポイントを意識をすることで、
確実にその関係を深めるスピードを早めることはできます。

 

業界のスタッフさんと積極的に関係を築く上で意識しておきたい点を紹介しましょう!

 

①自分を知ってもらう

まずは、自分の存在を知ってもらわなければ、何も始まりません。
人見知りしてしまう人や、恥ずかしがり屋の性格の人も、
遠慮していてはダメなのです。

あるプロの声優さんは、下積み時代、人と話すことが苦手だったことから、
専門学校ではいつも一番前の席に座り、度胸をつける訓練をしていたようです。

自分を知ってもらうために、オーディションや現場研修など、
与えてもらえるチャンスには、とにかく積極的に参加してみましょう。
自己紹介の時は、必ず自分から名乗り、
積極的に自分を売り込んでいこうという意識が大切です。

4e1c2beaa73ac8ee423264b053399a68_s
 

②アドバイスを積極的に求める

講師やスタッフさんには、積極的にアドバイスを求めましょう。
その熱意ある姿勢が、自分のアピールになるのです。

当然、熱意のある生徒と、そうでない生徒であれば、
熱意ある生徒を応援したくなるものです。

そのうち、普段のレッスンでは教えてもらえないような
テクニックやアドバイスをもらえるかもしれません。

 

③努力や成長をアピールする

積極的に質問したりアドバイスを求める姿勢は、熱意を示すアピールになります。
しかし、一番大切なのは、それを実践するかどうかです。
講師やスタッフさんからアドバイスをもらったら、ぜひ実践してみましょう。

すぐに成果を出すのは難しいと思いますが、ぜひ継続して取り組んでください。
講師やスタッフさんとしても、自分の指導やアドバイスによって生徒が成長して、
結果を出してくれるのはとてもうれしいことなのです。

最終的には、その生徒をデビューに導くために、
もっともっとアドバイスや手厚いサポートをしてくれるかもしれません。

 

④感謝を伝える

講師やスタッフさんの指導やアドバイスによって、
スキルが上達したり、オーディションに合格したり、
何かうれしいことがあったら、ぜひ感謝の気持ちを伝えましょう。

「○○さんのおかげ」と、しっかりと言葉で伝えることが大切です。
人は、何かをもらったら何かを返したくなるという習性があります。
しっかりと感謝を伝えることで、もっともっとこの子のために頑張ろうと思うのです。

 

また、レッスン以外の部分でも、
しっかりと感謝の言葉を伝えられるように習慣づけることが大切です。
プロの声優になると、たくさんのスタッフさんと関わる機会が増えてきます。
プロの現場では、礼儀正しく挨拶ができたり、お礼を言ったり、
気配りができることが大切です。

 

特に声優業界は体育会系の業界と言われているので、
プロの声優として認められるために、そして長く愛される声優さんになるために、
今から意識をしておきましょう。

 

⑤自分と繋がっていることのメリットを提供する

メリットが提供できる人には、自然と多くの人が集まってきます。
では、あなたが、業界関係者たちに、“この人と付き合うとメリットがある”と思われるには
どんなことをすればよいでしょうか?
ちょっと難しいかもしれませんが、こんな視点に立つことも大切です。

 

自分を表現したいという気持ちも忘れてはいけません。
しかし、プロとして声優の仕事をする上では、スタッフさんや監督、もしくは視聴者の人が、
あなたに何を期待しているのかを考える必要があります。

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s
 

⑥自分の目標や夢を具体的に話す

プロの声優になって、どんなお仕事をしたいのか?
どんな作品に出たいのか?どんな役柄を演じたいのか?
自分の夢を具体的に話せるように準備しておきましょう。
夢や目標、そしてそのエピソードが具体的であればある程、人の印象に残ります。

 

ただ漠然とプロの声優になりたいと思っている人も、
その夢を持つようになったキッカケとなる作品や出来事があるはずです。
その夢を、具体的に人に伝えることで、良い情報が入ってきたり、新しい人間関係を築いていくこともできます。
恥ずかしがってしまい自分の夢を熱く語れなければ、その他大勢の人として埋もれてしまうのです。

 

 

●こんな行動はNG! 人脈を台無しにしてしまう行動とは?

 

今回は、声優デビューに必要な人脈の作りのコツを紹介しました。
コネは、最初はなくても大丈夫。プロの声優を目指し日々努力や成長をしていく中で、
自然に出来上がるものだということが理解できたかと思います。

 

しかし、コネがあっても、声優としての魅力や可能性がなければ、意味がありません。
というより、“この子は、ダメだな”という印象がついてしまえば、むしろ逆効果!
それならいっそ、そんなコネや人脈はない方がいいですよね。
そう考えると、やはり、人脈よりもまず大切なことは、
日々のレッスンに真面目に取り組むこと、確実にスキルを磨いていくことなのです。

 

また、せっかくコツコツ積み上げた信用を、簡単に失ってしまう行動もあるので注意しましょう。
例えば、与えられた課題に対して真面目に取り組まなかったりレッスンをサボったり
挨拶をしなかったりお礼の言葉を伝えなかったり嘘をついたり…こんな態度や姿勢はNGです。
仮にそこそこのスキルがあったとしても、人としての信用がなければ、
こんな人とは誰も一緒に仕事をしたいと思わないですよね?

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s
 

プロデビューへの近道は、まず、日々のレッスンに真剣に取り組むこと。
そして、人としての礼儀やマナーを大切にすること。
本当にプロの声優になれる人は、努力しているうちに、自然と良いご縁が現れるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る