デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト 2017」

今年の七夕は一味も二味もロマンチック!

 

※以下、プレスリリースより

LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト 2017」6月26日開始

LINE 公式アプリ「七夕プロジェクト 2017」には、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』版の短冊ムービー登場

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2016 年に引き続き七夕プロジェクト実行委員会に参画し、七夕のリデザインを目的としたプロジェクト「みんなの七夕プロジェクト 2017」を 6 月 26 日より開始いたしましたことを、お知らせいたします。

本プロジェクトは、古くから日本で親しまれてきた風習「七夕」に新しいテクノロジーや楽しみ方を取り入れることで、これまで以上に多くの人が楽しめるイベントに発展させることを継続的に目指しています。
6 月 26 日から 8 月 26 日の期間は、今年もみんなの願いが集約される場所として公式 WEB サイトを開設すると共に、短冊を気軽につくれる LINE の公式アカウントを開設、さらに七夕以降には、日本三大七夕祭りとして有名な愛知県一宮市の「一宮七夕まつり」とタイアップし、リアルイベント「TANABALLOON」を実施します。

また、本プロジェクトは 8 月 18 日より全国東宝系にて公開予定の映画『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか』( http://uchiagehanabi.jp/ )とコラボレーションを行うことが決定しました。

 

 

■ 公式 WEB サイト「みんなの七夕プロジェクト 2017」( https://tanabata-project.jp/

公式 WEB サイトでは、自分オリジナルの願い事を記したデジタル短冊がつくれる他、集まった願いから見える性別や年齢、居住地の違いによる傾向や特徴をグラフィカルに見て楽しむことができます。また自分以外がもつ様々な願いに触れることで、新たな気づきのある機会に、七夕という行事をアップデートしてまいります。

■ LINE 公式アカウント「七夕プロジェクト 2017」×映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

七夕に短冊に願いをしたためることから遠ざかってしまった方でも気軽に短冊をつくれるよう、LINE 上に LINE ビジネスコネクトを活用した LINE 公式アカウント「七夕プロジェクト 2017」( @tanabata-project )を、昨年に引き続き開設いたしました。
短冊ムービーは、LINE アプリ上で公式アカウントを友だちに追加し、トークルームで願いを送信すると、夜空をモチーフにした背景に願いごとが描かれた約 10 秒の動画短冊を簡単に作ることができます。
今年の短冊は、8 月 18日(金)公開の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とコラボレーションを行うことが決定したことに伴い、期間限定で『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』版の短冊ムービーが登場します。
※映画版の短冊ムービーは 7 月 5 日からスタートとなります。

 

 

<映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』キービジュアル>

 

 

<公式 WEB、公式アカウント イメージ>

 

 

■ “願い”を届けるリアルイベント「TANABALLOON」開催!
今年度は WEB での取り組みに加えリアルのイベントとのタイアップを実施します。日本三大七夕祭りとして有名な愛知県一宮市の「一宮七夕まつり」とタイアップし、本プロジェクトに寄せられた“願い”を色とりどりの風船にのせ参加者みんなでリリースする「TANABALLOON」を実施予定です。
プロジェクト初年の 2016 年は、47 都道府県から「854,315 枚」の短冊が寄せられる等、全国 80 万人以上が参加いたしました。今年はこれまで以上に多くの人が楽しめるイベントに発展させることを目指し、プロジェクトを展開してまいります。
七夕プロジェクト
■主催:七夕プロジェクト実行委員会(株式会社電通・株式会社刻キタル・株式会社バスキュール・LINE 株式会社)

関連記事

ページ上部へ戻る