演劇的メソッドを活用した社会人向けワークショップ『劇と暮らし』の第2回イベント開催

夢を追うのに疲れてしまったオトナたちへ……


※以下、プレスリリースより

演劇的メソッドを活用した社会人向けワークショップ『劇と暮らし』の第2回イベントを7月12日(水)harappa日本橋にて開催します!

演劇理論を活用した五感の活性化を通して、頭と心と体のバランスを整えるリラクゼーション的なワークショップです。
株式会社三井不動産ビルマネジメントと舞台公演の企画制作を行うconSept LLCは来たる7月12日(水)に、演劇的な発想やシアターゲームなどを活用して社会人の日常におけるストレスから頭と心と体を解放し、暮らしの中での気付きやコミュニケーショ力を高めることをテーマとした、第2回目となる『劇と暮らし』ワークショップをharappa日本橋で開催することになりました。
http://gekikura2.peatix.com



『劇と暮らし』とは?

2017年初春、都心の空間を何かしら文化的なことに活用できないかと模索していた三井不動産ビルマネジメント社と、演劇という文化がもっと世の中に役立つための仕組みを作れないかと模索していたconSept社によって、演劇や演劇のメソッドを通して心と体を整えたり、暮らしを豊かにするための様々なアプローチを考え、実践して行くことを目的として『劇と暮らし』はスタートしました。

「演劇を見たことはありますか?」と種々のビジネス交流会やセミナーなどで知り合った方々に質問をしてみると、見事にほとんどの方から触れたことがないという答えが返ってきます。
中には「1、2度は」と言われる方もいますが、どんなシチュエーションで体験したのだろうと訪ねてみると、「よく覚えていないけど知人の知人が…」とか「行きつけの居酒屋でバイトしてる子が役者を目指してて」という場合が多いようです。
もちろん芸能人の誰かのファンであることからご覧になる方もいらっしゃいます。

演劇は映画やコンサート同様、娯楽であったりアートであったりと、趣味として観るものの一つでもありますが、一方でローマの時代から、その時代と社会を再現し(もしくはシミュレートし)楽しむものと言われるほど、演劇には我々の生活に密接している要素が詰まっているのです。
ドイツやイギリスなどヨーロッパではその発展形として演劇の要素が地域活動や教育活動にも盛り込まれており、人の行動、心理、関係性などについて観察し掘り下げられている一つの学問でもあります。

そんな演劇の考え方や方法論の一部を活用して、特に社会人の方々に、自分自身の頭と心と体と向き合っていただきながら、同時に上司や部下、同僚、家族、友人など様々な状況での人との関わり方について直感的に体感していただくことで、日々の暮らしのヒントや活力を得ることに少しでも貢献できればという思いと同時に、普段演劇に触れる機会がない社会人の方々に「演劇」をほんのり感じていただく機会になればという思いから、その第一歩として実施するのが今回のワークショップです。

ワークショップの内容は?

このワークショップでは「五感を磨くことで、頭と心と体を整え、暮らしの活力を取り戻す」ことを目指します。
演技をすることはありませんのでご安心ください!
それではどんなことを行うのか?例えば…

●与えられたテーマに沿って行動し、それを観察されたり、他人のそれを観察したりしながらお互いの行動を真似てみます。見ているものの違いや意図が分かってくると感じ方が変わってきます。
●普段気にしていない音に耳を傾けます。静かだったと思っていた空間でも実は様々な音がしているものです。自分の心臓の音や相手の呼吸音が聞こえてくるようになると、聞く感覚に変化が生まれます。
●実は鼻の左右で臭いの感じ方が違うって知ってましたか?実際に体験してみてください。
●歩いてみよう~歩きながら様々な指示に反応してみましょう。上手く出来ないとしたら何が問題なのでしょうか?
●まっすぐ立つってなんだろう?体の軸の感覚を身につけて、自分の体の「癖」に気づきましょう。
●声を出してみましょう。人に伝わる声とはどんな声でしょうか?
●「個人空間」キネスフェアを知りましょう。コミュニケーションの仕方が変わります

などなど。これらを全て演劇的メソッド使って体験していただく予定です。
第1回開催時にレポートをconSeptのFacebookページから更新していますので、興味のある方は覗いてみてください。
https://www.facebook.com/consept2017/


harappa日本橋

会場となるharappa日本橋は、三井不動産ビルマネジメン社によるオフィスワーカーのための憩いの空間です。
日本橋のど真ん中に緑が多くゆったりした空間が広がり、入り口では羊の親子が出迎えてくれます。
まさに頭と心と体を解放するにはぴったりの空間です!



講師:丸尾 聡(まるお さとし)

作家・演出家・俳優。表現教育指導者。代表作に『INAMURA走れ!』(優秀新人戯曲集1996ブロンズ新社)『飯縄おろし』『離宮のタルト』『死刑執行人』(以上、演劇専門誌テアトロ掲載)、シナリオ『残置物処理班』ABU(アジア太平洋放送連合)ラジオドラマ部門最優秀賞、脚色『バッテリー』『精霊の守り人』『オリガ・モリソヴナの反語法』など。
神奈川かもめ短編演劇祭実行委員長。川崎演劇協会幹事。日本劇作家協会事業委員。
全国で、シナリオ・戯曲の講座、俳優向け講座の講師を務める。


主催

三井不動産ビルマネジメント
conSept LLC


開催概要

■イベント名   『劇と暮らし』presents~五感を磨いて仕事もプライベートも生き生きと!
■開催日     2017年7月12日(水) 19:00~21:00
■会場      harappa日本橋
東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YSビル2階
銀座線・半蔵門線三越前駅より徒歩3分
■持ち物     動きやすい服装(スーツでも上着を脱いていただく程度で大丈夫ですが、スカートやヒールの方は着替えをご用意ください)
■参加費     1,000円
■参加申込み   http://gekikura2.peatix.co
■お問合せ    info@consept-s.com




———-


声優を目指したい! とこれから考える人、もう実際に夢に向かって動いている人は疲れというものを感じないかもしれません。
でももし、打っても打っても響かない日々が続いたら……それが30代まで続く、なんていうのはよく聞く話です。
実は演劇にはセラピー的な効果もあります。
思い当たる人は行ってみたり、今のうちに覚えておいて将来ふと疲れた時に思い出してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る