今ブームの文豪たちに迫る! 彼と彼女の恋愛事情

文豪たちのスキャンダラスで美しい恋愛エピソードを集めた一冊『命みじかし恋せよ乙女』発売!

大正の文豪たちのスキャンダラスな恋を資料から読み解く『命みじかし恋せよ乙女 大正恋愛事件簿』(中村圭子編著)が発売されました!

命みじかし恋せよ乙女
平塚雷鳥与謝野晶子島崎藤村有島武郎……世の中を賑わせた恋愛事件が頻発した大正時代。
大人気イラストレーター・マツオヒロミ書き下ろし挿絵収録。本書を図録とした展覧会も開催中。

近年、「文豪」をキャラクターとした漫画やゲームが流行っています。
例えば「文豪ストレイドックス」「文豪とアルケミスト」「文豪失格」……文豪と呼ばれる人たちは誰もが非常に個性が強く、濃いキャラクターの持ち主で、それがキャラクターにしやすいのではないでしょうか(なおかつ美形)。

『命みじかし恋せよ乙女』は、そんな文豪や女優たちの恋愛エピソードを集めた一冊。
姦通罪で投獄された「北原白秋」姪と禁じられた恋をした「島崎藤村」人妻と心中した「有島武郎」などなど……(今だったらネットで大炎上ですね)。
恋愛は、個人の個性が最も強烈に発揮される場面です。
個性の強い人たちの恋愛エピソードですから、驚かされること、苦笑させられることなどが満載です。
命みじかし恋せよ乙女 また、大人気イラストレーター・マツオヒロミの描き下ろしイラスト「大正恋愛幻想」を3点掲載しています。
バイセクシャルで、女性崇拝者に取り巻かれていたという作家、<田村俊子>類い稀な美貌をもち竹久夢二をはじめ数多くの作家と浮名を流した<林順子(ゆきこ)>、そして、夢二の恋人<お葉>

「マツオヒロミは、大正浪漫、昭和モダンの世界に影響を受けてイラストを作成しています。
恋愛事件のヒロインとなった女性たちもまた、マツオヒロミの作品によって、現代に生きる女性たちの心の中でリメイクされ、新たな命を得ることができるでしょう。」(本文より)
命みじかし恋せよ乙女
また現在、東京文京区・弥生美術館では展覧会「命短し恋せよ乙女」 ~マツオヒロミ×大正恋愛事件簿~を開催中です。
こちらは9月24日(日)まで。
本書収録の資料ほか、マツオヒロミの初公開の下絵が15点展示されています。
また、旧作も含めて14点の作品が見応えのある大きさで展示!
マツオヒロミの作品世界に心ゆくまで浸ることのできる、芳醇で可愛く、ミステリアスでロマンティックな空間をご堪能ください。

また、今回の展示の「平塚らいてうコーナー」では、らいてうが夫(6歳年下だったため、若いツバメという言葉を流行らせた)にあてた愛情に満ちた手紙を初公開。
夫・博史がらいてうのためにデザインし、手作りした指環なども展示しています。

【書誌詳細】

『命みじかし恋せよ乙女 大正恋愛事件簿』

中村 圭子 編著
本体価格:1800円(税別)
単行本  A5  152ページ
ISBN:978-4-309-75025-5
発売日:2017.06.26

【もくじ】

マツオヒロミ 昭和恋愛幻想 山田順子・田村俊子・お葉
姦通罪による投獄 北原白秋×松下俊子・江口章子
恋愛なき心中未遂 平塚らいてう×森田草平
運命の出会い 平塚らいてう×奥村博史
歌姫の情熱 与謝野晶子×与謝野鉄幹
姪との禁じられた恋 島崎藤村×島崎こま子
後追い自殺の衝撃 松井須磨子×島村抱月
サッフォーのごとく 田村俊子×長沼智恵子・田村松魚・鈴木悦
私は誘惑していません 原阿佐緒×石原純
人妻との山荘情死事件 有島武郎×波田野秋子
筑紫の女王、恋の出奔 白蓮×宮崎龍介
「魔女事件」「妻譲渡事件」 佐藤春夫×谷崎千代
追うときも別れるときも潔く 藤原あき×藤原義江
友情の絆は、色恋の関係より強いか 澤モリノ×石井漠
恋愛放浪 山田順子×竹久夢二・徳田秋聲
「椿姫事件」そして「雪の国境越え」 岡田嘉子×竹内良一・杉本良吉
コラム 大正初年代の恋愛観
コラム 「ナヲミズム」が自由恋愛を広める
コラム 大正後期の恋愛観
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309750255/

【展覧会会場詳細】

会場:弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-2)
会期:2017年7月1日(土)~9月24日(日)午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休館日:月曜日
※ただし、7/17(月・祝)開館、7/18日(火)休館 8/14(月)開館
9/18(月・祝)開館、9/19日(火)休館
料金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(高畠華宵常設ルーム、竹久夢二美術館も併せてご覧いただけます)
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

——————–

ゲームをして終わるだけじゃなくて、こういった本でもっと文豪(またはキャラクター)のことを深く知るのもイイこと!(学校の文学史の授業にも役立つし!)
あと、何より想像力、妄想力が膨らむのがイイです。
オタクにとっては妄想が食べ物ですからね!

関連記事

ページ上部へ戻る