2018年春、演劇「ハイキュー!!」新作公演決定! これはアツイ!!

2018年春、演劇「ハイキュー!!」新作公演決定!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人〞

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏〞が10月29日に大千秋楽を迎え、9月8日から東京、大阪、兵庫、宮城、福岡、東京凱旋と、約2か月に渡る全37公演に幕を下ろした。

 

コミックスシリーズ累計発行部数2,500万部を超える古舘春一の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化。
2015年11月の初演から、2016年4月の再演 “頂の景色”、同年10月の “烏野、復活!”、2017年3月の “勝者と敗者”、そして今回の “進化の夏”と続く人気シリーズ。

これまで全シリーズ全国の映画館にて大千秋楽ライブビューイングを開催
また、演劇の枠にとどまらず、2017年4月には『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展』を開催。
演劇「ハイキュー!!」初となった展示会では公演で使用された舞台セットや小道具、衣裳をはじめ、写真や映像展示で演劇「ハイキュー!!」の世界を再現し、大好評を博した。

 

物語の主人公は、「小さな巨人」と呼ばれる選手に魅せられバレーボールを始めた日向翔陽。
その選手の出身校・烏野高校に進学した日向は、中学時代に惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄と再会する。
ぶつかり合いながらも互いを認め、日々成長する日向と影山。
彼らと共に “堕ちた強豪、飛べない烏”と呼ばれる烏野高校排球部が再び、飛ぶ!

シリーズ4作品目の“進化の夏”は、前作にてインターハイ宮城県予選で青葉城西高校に敗北を喫した烏野高校排球部の夏合宿が中心。
春高予選に向け再始動した烏野メンバーは、東京の強豪校である音駒高校・梟谷学園高校との合同練習を機に、それぞれ勝つための課題に取り組んだ――。

 

今作から、新キャストも加わり、さらに、初演から象徴的な存在であった舞台装置が一新され、舞台シリーズとして新たな一歩を踏み出した。
日向と影山の新攻撃をはじめ“進化の夏〞で得た武器を手に、烏野高校排球部は新たな戦いに挑む!

 

そして、その次なる挑戦を描く新作・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”が、2018年春に上演決定!!
引き続き演出・脚本はウォーリー木下、音楽は和田俊輔、振付は左HIDALIが手掛け、主演は須賀健太が務める。
お見逃しなく!

(C)︎古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

 

【公演概要】

タイトル:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人〞
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左HIDALI
共同脚本:入江おろぱ
出演:須賀健太 ほか

 

<公式HP>

http://www.engeki-haikyu.com/

 

<主催>

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

(C)︎古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

関連記事

ページ上部へ戻る