【声優インタビューvol.5】飯田拓見(はんだたくみ)

新人声優.com編集部が、
現役で活躍している声優さんに直撃インタビュー!

今回ご紹介するのは、
外画やラジオ、舞台などでも活躍中の新人声優「飯田拓見」さん!

 

【出演作品】
TOKYO MX他「ろんぐらいだぁす!」
外画「ロブスター」
WALLOP「濃厚男ラジオ」
舞台「恋の骨折れ損」ボイエット

 

 

--声優を目指したきっかけは?
幼稚園の頃、大好きだった本がアニメになるということでワクワクして待っていたところ、番組の告知で流れてきた声を聴いて声優さんを意識しました。

中学生になって色々調べていくと『金色のガッシュベル!!』でフォルゴレという面白いキャラクターを高橋広樹さんが演じていて
さらに『家庭教師ヒットマンREBORN!』ではスペルビ・スクアーロという怖いキャラクターも演じていて、
全然声が違うし演技も違うのに同じ人が演じているんだと凄くショックを受けて声優という職業を再認識して、自分も声優を目指してみたいと思いました。

 

 

--声優になりたいと思ってから行動したことは?
中学校を卒業したら声優の勉強ができる学校へ進学したくて、親に相談をしたのですが「高校だけは普通の学校へ行ってくれ」と言われて、近くの公立高校に通いながら元々好きなアニメをたくさん観たり、他にも色々なものを観てみたいと思い舞台を観たり、個人的に演技のことについて調べるようになりました。
誰かから何かを習った、ということは当時はなかったです。

 

 

--声優の道へ進むこと自体には反対はなかったですか?
特になかったです。
「やりたいことはやってみなさい」という感じでしたので、本当にありがたかったです。
高校からの進学についてはなんとなく「大学へ行かないの?」みたいなことをほのめかされましたけど、高校の頃に仙台の専門学校へちょこちょこ体験入学に行っていて、先生とも仲良くなっていたので、そのままその専門学校へ行くことにしました。

その後も特に反対はされなかったです。
時々「公務員もいいんじゃない?」って何気なく誘われることはあったのですが、軽く受け流していました(笑)。

 

 

--学校での勉強はいかがでしたか?
生徒の数が少なく、先生がつきっきりで教えてくれました。
舞台に詳しい先生でしたので、アニメの演技をたくさん教えてもらうというよりは、役者としての芯の部分を教えてもらっていた感じです。
アニメのマイクワークなど基礎も教わりつつ、殺陣や舞台での動きも教えてもらって色々学ぶことができました。

 

 

--宮城県のご出身ですが方言や訛は?
僕は仙台弁なので分かりやすい方言や訛はないのですが、時々アクセントが違うところがあるみたいで、日常でたまに指摘されることもあり、微妙なアクセントの違いを探していくのに手間取りました。
学校ではたくさん単語が書いてある教科書を読んでアクセントを確認してもらっていました。

 

 

--JTBエンタテイメントに入所された経緯は?
専門学校で2年生の夏休みの時にサマーキャンプというイベントがありまして、「全校から選抜された数人が東京校に集結して1週間特別レッスンを受ける」というものなのですが、最終日には多くの声優事務所の方に来ていただいて公開オーディションをしました。

サマーキャンプには150人くらいが参加していて、その中からさらに選ばれた20人ぐらいが公開オーディションへ参加できるのですが、そこで選んでいただいたのがJTBエンタテイメントでした。
2年生の後半から(専門学校の)東京校へ転校して、専門学校に通いながらJTBエンタテイメントの養成所へも通っていました。

 

 

--上京してからの生計はどうされていましたか?
最近接客のアルバイトを始めたのですが、上京したての頃は仕送りをして援助してもらっていました。
職場で覚えることがたくさんあるので大変なのですが、普段話さないような人がお客さんとしていらっしゃるので面白いです。

自然と色々な人を見ることができるので演技の幅が広がると思いますし、年代によってぜんぜん違う話が聞けるので、フリートーク力が鍛えられそうです。
実際に生放送のラジオをやらせていただいているのですが、日々話題を探すのが大変です。


 

 

--将来的な不安はありませんか?
実際のところとしては「今後仕事が増えて役者として食べていけるのか?」という不安はありますが、今はその不安よりも「もっと前に進もう」という気持ちのほうが大きいです。
実際にデビューしたからといって仕事が続けて入ってくるわけではないので、バイトをしながらになりますよね。

だからその辺のことをアルバイトの面接のときに相談して理解してくれるバイトを探すことが重要だと思います。
今のバイト先にはどういう仕事をしているかを事前に説明していて「声優の仕事を優先していいですよ」と言っていただいています。

 

 

--声優の練習などはどうされていますか?
住んでいる場所がちょっと特殊でシェアハウスに住んでいるのですが、各自の部屋はもちろん、皆が集まれるスペースがあって、さらにダンススタジオに近い設備のスタジオがあるので、

空いているときはそこで発声練習を毎日するように心がけています。
あとは新聞を毎日読んでいます。
時事ネタを収集する意味もあるのですが、新聞は言葉が難しくて読みづらいので音読したり、読めない漢字が出てきたりもするので、その時はすぐに調べるようにしています。
新聞を読むのはすごく大事だと思っています。

 

 

--役者として仕事をするまでに不安だったことは?
声優になる前は、先輩声優さんは怖い人たちばかりなんじゃないかというイメージがあって(笑)
事務所に所属して皆さんと顔合わせをする際はすごく緊張しました。
実際はまったくそんなことはなかったんですけどね(笑)。
初めて行く現場はどこも不安しかないです(笑)。

 

 

--初めての収録はどうでしたか?
作品の収録で最初の頃は見学として現場へ伺っていたのですが、途中で役をいただけることになりました。
ありがたいことに少し長めの台詞が3つほどありまして、「台詞多いけど皆さんも最初からこんなに多いものなのかな?」とドキドキしながらの収録でした。

何度も録り直しをさせていただいてOKをもらったのですが、その時は他の役者さんがいる中での抜き録りだったので背後からすごく視線を感じたのですが、
皆さんすごく優しくて「頑張って!」「落ち着いて」と声をかけて支えてくれたので少し気持ちが軽くなりました。

その後の打ち上げで「初めての収録だったんです」と言ったら
「え!?初めてだったの?それにしてはずいぶん台詞多かったね」と言われました(笑)。

 

 

--声優の仕事をしてみて嬉しかったことは?
1話でガヤとして参加させていただいた時にエンディングに名前を載せていただいたことです。
ツイッターでは「なんだよ今の棒」みたいな感じで散々叩かれたりもしましたけど(笑)、中には「新人さんかな?頑張ってね」というツイートもあって、すごくありがたいなと思いました。

あとは事務所に入る前の専門学校時代にヒーローショーの声をやらせていただいたことがあって、生ではなく収録だったのですが、僕の声に合わせて役者さんが動いてくださって、
ヒーローがピンチになったときに子供たちが「頑張れ!」とか「負けないで!」とか言ってくれているのを見て感動しました。

 

 

--辛いなと思ったことは?
録り直しをずっとやっているときが辛かったです。
色々なところからの視線で押しつぶされそうになったりしました。そして考えてきた演技プランでお芝居をしようとしたのですが、マイク前に立ったらそれが何も出てこなくて、その時はどうしようかと不安になりました。
どんなに学校で練習をして慣れているつもりでも、やはり本物のスタジオの空気感は全然違いますね。


 

--目標にしている声優さんは?
山寺宏一さんです!
調べれば調べるほどすごい役者さんだなと思います。
山寺さんも宮城県のご出身なのでその辺に勝手に近さを感じていて(笑)、憧れであり目標です。

 

 

--舞台のオーディションはどういった感じなのでしょうか?
ミュージカルのオーディションをいくつか受けさせていただいて、そのうちの1つでは最終選考まで残ることができました。
書類選考があって、そこで選ばれると次に役の指定が来るのですが、当日はダンスの講習を30分くらい受けて、すぐにオーディションの会場へ移動して覚えたダンスを踊って、事前に送らてきた台詞を喋る感じでした。

 

 

--アニメのオーディションで印象に残っていることは?
ある作品のオーディションを受けたことがあるのですがダメでした・・・。
原作は同人誌の頃から好きだったので落ちた時は本当に辛かったです・・・。
その時の悔しさが今の自分に繋がっています。

 

 

--演技の幅を広げるためにやっていることは?
具体的に何かするというよりは、前に演じた役についてずっと考えています。あの時はこう演じてみて評判が良かったなとか、あの時はちょっと失敗したなとか。

そういうことをずっと考えていると、ふと「こんな風にしたらあの役はもっと面白くできるのではないだろうか?」とか思いつくんです。そこから次に演じる役作りに広がっていったりもします。

あとは人を見たり本や新聞を読んだりですかね。
常に演技のことを考えているのは大事な事だと思います。

 

 

--お仕事があるときの1日の流れを教えてください。
午前の現場は10時から、午後は3時や4時くらいからのスタートが多いのですが、朝の場合は喉の準備もあるので、最低でも始まる3時間前には起きて軽く声を出して喉の調子をみます。

そこから時間があるときはアニメの映像を確認し直したりして、余裕を持ってスタジオへ向かいます。
電車が遅れていたりすると怖いのでかなり余裕を持って家を出るように心がけています。

基本的に30分前ぐらいにはスタジオへ入ってスタジオの方へ挨拶をして、その後先輩声優さんがいらっしゃったらそれぞれ挨拶をします。
収録後はとくにしていることはないのですが、その日の出来を一人反省会のような形で振り返ります。

 

 

--記事をご覧になっている皆さんへ向けてメッセージをお願いします。
今、声優は将来なりたい職業ランキングで上位にくるほど人気の職業ですが、なりたいと思うだけではなれないですし、専門学校へ行けば必ずなれるというわけでもありません。

声優になりたいと思ったら体を鍛えて、なりたいと思ったら発声練習をして、なりたいと思ったら滑舌を鍛えるといった、思うことと行動することを紐づけて常に繰り返していかないとダメだと思います。

ただ声を出していれば良い訳ではなくて、一定のクオリティを保たなくてはいけないですし、それには体を鍛えていないとちゃんと声も出ないし、
色々なことが絡み合っているので、常に考えと行動を一緒にして練習を続けていくことが声優を目指すには大事なのではないかなと思います。

必ず報われるとは言いませんが、努力をしないことには絶対に前に進みませんので、運をつかみ取るための努力をするべきだと思います。

-- ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る