【永久保存版】BL作品ランキング BEST10!これは絶対に外せない!もはや感動間違いなし!

「BLマンガ(漫画)は数あれど、一体どれを読んだら良いのかわからない」・・・な~んていう、そんなBL初心者の方必見!

BL作品を年間100冊以上読んでいるガチ腐女子が、「絶対にこれは外してはいけない」という誰にでも楽しめるBLマンガのおすすめを厳選しました。

この中では、売れ筋人気BL作品も掲載しています。
ひとまず、このベスト10をすべて読めばもうすでに、あなたはBLマンガにどっぷり浸かってしまうこと、間違いなしです!

 

早速、いきますよ~

 

1位  『Hybrid Child』

Hybrid Child
コミックスからCDになり、遂には映画にまでなった、BL好きなら一度は聴くべき、読むべき、見るべきな作品です!!
題名の通り、『Hybrid Child』→『機械の子供』と人間の感動間違いなしな三作品が一つになった、壮大で美しく、切なく優しい、心を鷲掴みにされる作品でした!!

この作品を視聴した大体の方は「切なかった」、「感動した」、「泣いた」と言っています!

現に僕もガチボロ泣きしましたからね。。。(´;Д;`)

何度も何度も見直しては泣きました!!
この作品は、永遠に感動するBL作品1位なのではないかな、と断言しても過言ではないと胸を張れます!


2位  『500年の営み』

500年の営み
意地っぱりな青年がアンドロイドの愛を受け入れ、希望を求めて歩き出す、痛切な未来ラブストーリー!

 

亡くした恋人を追って自殺した筈が、250年後の未来世界で目覚めた受け・山田寅雄。
そんな寅雄の隣にいたのがアンドロイドであり、攻めであるヒカルBに事情を聞くと、寅雄の親が冷凍保存したとの事。

そのヒカルBは、優しく親身になってくれるが、寅雄の恋人に似せて作られたにも関わらず、亡くした恋人の3割減の残念ロボットでーー??
後々分かるのですが、ヒカルBは完成品のヒカルAの代用品で、寅雄は完璧なヒカルAには目もくれずヒカルBの事ばかり考えていて、その姿に僕の心はブワァってなりましたね。(´∀`)

 

この作品はじわじわと切なくなってくる、心がとても暖かくなるストーリーです!
好き嫌いはかなり分かれる作品ですが、【BL】という枠に囚われていない作品だと感じています。



 

3位 『テンカウント』

テンカウント
原作では、理人先生の繊細で美しい絵柄がとても素敵でした!

 

CDでは、立花さん演じる忠臣の声がとても美しく、聴き終わって何ヶ月も経った今でも耳に残ってます。
CDを聴く前に、原作の漫画を読んでおいた方が、場面の理解がしやすいと思いますよ。
何故なら、原作知らない人にとっては、「あれ?」となる所もありますので(。-_-。)!

 

原作を忠実に再現して下さっていて、嬉しかったですし、「この台詞はそんな風に言うんだ?!」って、自分のイメージとすり合わせていくのが面白かったです!

全体的を通して、とても美しいストーリーだったなと思いました。
今後どうなっていくのか、続きが楽しみで仕方がありません。



 

4位  『もういちど、なんどでも。』

もういちど、なんどでも。
ザックリ言うと、記憶喪失物です。

ただ僕自身記憶喪失がトラウマで、視聴している時に記憶喪失物だと知って、ハラハラドキドキと、怖さとか悲しさとか・・・とにかくいろんな感情が込み上げて来てしまいました。

だから、「怖くなってきたから聴くのをやめたい!」って思ったんですけど、内容自体は凄く良かったので、我慢して聴きました。

 

そして最終的な感想としては、「この作品は、我慢して聴いて良かった!」

トラウマを我慢してでも聴く価値はあった・・・と思える素晴らしい作品でした!

感動して、視聴後に『良かったな~(´;Д;`)、、、感動したよ~(´;Д;`)』って、一人でガチ泣きしてしまいました。



 

5位  『シナプスの柩Ⅰ・Ⅱ』

シナプスの柩
全体的に暗い内容なんですが、ほのかに神秘性を感じる、暗いながらも希望を忘れていない内容に仕上がっています。

「思わず綺麗だなぁ~」と唸ってしまう作品でした。

攻めキャラである洋一郎に対して、「受けキャラ・水斗を助けてやって!救ってやってくれ!!」って手に汗をにぎりながら聴いていました。

この作品は、次の展開がどうなるのかが全く予想できないんです!

そしてこの作品も記憶喪失物なんですが、この作品に関しては、記憶喪失に対して抵抗感がなく、自然と『ずっと聴いていたいな』と思えた作品です。

記憶喪失によって幼児退行してしまった水斗が、とても可愛かったです!
最後は水斗の記憶が戻るんですが、その後の二人の展開が気になりますね。



 

6位  『美しいこと・愛すること』

美しいこと
ゲイの世界をとても上手に表現している、イライラ切ないストーリー!

 

攻め・基文は、女装姿で足を痛めていた受け・洋介と出会い、そんな洋介を本気で女性だと思い一目惚れしてしまったのだが、実は男だっと知ってしまい、そこからドロドロうだうだしていきーー??

『美しいこと・上』の方では、かなりドロドロと重く暗い、洋介視点で、視聴しているこっちも心が痛いストーリーになっています。
しかし『美しいこと・下』の方は、基文の視点になっており、〈うだうだうだうだ〉いつまでも考えて、視聴しているこっちがイライラさせられましたね…。

 

結果としては、基文が洋介に告白をするのですが、今までの態度が態度なだけに、『本当に幸せにできるんだろうな??』って基文に対して思っていましたからね(・_・;

 

ですが、電子書籍の小冊子『愛すること』を読み、幸せそうで安心しました(о´∀`о)。



 

7位 『Punch↑』

punch↑
基本的に、明るいギャグありの感動ストーリー!

 

2人の出会いは最悪。

でも、お互いを知っていくうちに掛け替えのない存在に・・・。

だがそんな二人には数々の困難が!そしてまたもや記憶喪失物です。
攻め・牧さんの事を完全に忘れてしまった受け・浩太。
今まで明るかった分、よけいに重く暗く感じる内容になっていくのですが、日頃から変態である牧さんのおかげで、ちょうどいい具合の重暗さでした。

 

記憶を無くした浩太は、自分は現在15歳だと思っているのですが、実際は19歳である自分の記憶を他人の記憶だと思っていて、その事からゴチャゴチャしてしまう浩太を視聴していると、こちらまで苦しくなりました(T ^ T)

だけど最後は感動で締めくくり、視聴後「うわぁ…感動した…牧さん、浩太とお幸せに(T ^ T)」ってなりました。



 

8位  『どうしても触れたくない』

どうしてもふれたくない
この作品の第一印象は、全体的に暗いようで明るいストーリーといったところ。

攻めキャラ・陽介と、受けキャラ・亜紀はお互いに暗い過去を持ちながらも、順調にゴールインするのかな?
と思っていたのですが、最後はまったく予想を反する展開に驚きましたw_:(´?`」 ∠):

 

亜紀のちょうどいい感じのツンツンデレ感が可愛くて、陽介が亜紀を可愛いと言う気持ちが分からんでもないな、と思いました。
そして、亜紀役の野島さんの泣き方が、泣くのを我慢しようとしているけれど漏れ出してしまう泣き声!
それがとっても上手なののが印象的です。



 

9位  『嵐のあと』

嵐のあと
ノンケとゲイの初めから諦めていた、大人の切ない純愛ラブストーリー!

 

ドライでクールな攻め・正彦はゲイであり、取引先の担当者である受け・一樹の事も好みではあるが本気なる筈がない・・・と思っていたのだが、一樹の無自覚な言動に心をかき乱されてしまう正彦!

いつもどこか冷めているような正彦が、一樹の無自覚な言動に戸惑っている姿は、ギャップと言いますか、視聴していてワクワク?しますよ。

 

『嵐のあと』という題名は、『恋の嵐』的な意味を含めているのかな?・・・なんて勘ぐりました。

この作品は泣く程まではいきませんでしたが、切なくとも、最後には微笑める作品だと思いました。



 

10位  『楽園のうた』

楽園のうた。
少女漫画的だけど受け入れてしまう、BL初心者向けストーリー!

 

過去の恋愛で心に傷を負った受け・那智と、那智の作った詩が元の、曲を歌っていた超絶人気沸騰中アイドルグループ『KIX』の一人である攻め・神。

那智からすると神との出会いは最悪そのものだが、それに反し神は那智の存在に興味を持ち始める。

 

この那智の過去の恋愛が、昔の僕の恋愛と似ていて、自分と重ねちゃったりしましたよ。

CDの方では、投入歌として『KIX』が歌っている『Pandora ~save your heart~』という曲が少し流れるのですが、とにかく耳に残る泣ける曲です!

 

僕自身はとっても共感できる歌詞で、泣きながら聴いてしまいました。

関連記事

ページ上部へ戻る