BLアニメ出演声優 人気ランキングBEST10

アニメ = 子供向けという時代は終わり、大人でも存分に楽しめることは普通になりました。
今回はBLジャンルで活躍する、人気のイケメン声優10人を紹介します。

 

1位 小西克幸


 

低くて男らしい、だが甘~い声に、ついつい発狂しちゃう!!
BLアニメでは、学園ヘヴンの丹羽哲也役で出演されていたのですが、これがもう本当に堪らんのです!!

 

『ザ・体育会系』というか、キャラ達からの王様呼びに、見た目も声もピッタリなんですよね!!
明るめの声の時は、元気がもらえる男前な声で、低めの声の時は、男の色気というか・・・鼻血が出そうです、出して良いっすか?って思います。

とにかく、「かっこいいにも程がある!」ってくらいに、憧れの声優様です!

 

2位 前野智昭


 

前野さんは、BLアニメの『SUPER LOVERS』の海棠晴役で出演されていたのですが、とにかく声が優しい!甘い!エロい!

そんな前野さんですが、暗い演技では暗く怖く、ギャグ要素ありな演技では、面白く明るい声・・・いやぁ、多彩で素晴らしいです。

晴役の時に零に話しかける時の、あの優しくも甘い声は、家族だけに向けられる声!と考えだすと、晴は家族が大好きなんだなあと、声からもキャラについて考えたり出来るので、あの王子様のような甘い声で悩殺された人は数知れず・・・。

 

3位 近藤隆


 

近藤さんは、BLアニメ界では『世界一初恋』の小野寺律役で出演されていました!

声色をキャラによって変えて、今までクールな2枚目キャラを演じてらっしゃる事が多かったのですが、小野寺役の時は、若い男の声って感じで、低すぎず高すぎずと、どこか可愛らしい声だと思いました。

 

ついつい困らせたくなる声っていうか、なんというか。
ここまで声のイメージを変えられるとは・・・いやぁこれは恐れ入りました。

 

4位 谷山紀章


 

少し掠れたような、どこか爽やかで綺麗な声の持ち主。

谷山さんの歌声は、ビブラートが綺麗で迫力があり、抜群の歌唱力を誇っています!
歌ってらっしゃる楽曲の中では、『咎狗の血』のOP【ROSE HIP BULLET】が大好きです!

 

BLアニメでは、『咎狗の血』のグンジ役や、『純情ロマンチカ』の高橋孝浩役で主演されていました!
グンジ役の時の声色は、結構特徴のある、少し掠れた喉声の様でありながら、高い声というか・・・言葉尻が上がっている声?で、どうやって声出しているんだろう…と気になった事もありました!

高橋孝浩役の時の声は、「え?これ…谷山さんなの…??…あ、確かに…谷山さんの声だ…」っていうリアクションをしちゃうくらいに、声が小さめで、切ない声で、ビックリしました。

他作品のBLCDで谷山さんの声を聞いた時、「へ?こんな落ち着いた低めの声も出せるんだ」と感じましたね。

 

5位 皆川純子


 

女性なのに、まるで少年と見紛うほどの、低めで高めな優しく、かつ可愛いあのボイス!!

 

まさか皆川さんがBLアニメに出演する日が来るとは・・・。
BLアニメでは、『SUPER LOVERS』で海棠零役で出演されていました!

僕の中で皆川さんといえば、『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリックが思い浮かぶのですが、そのエドワードは感情が激しいキャラなのに対して、零の場合は、零独特の決して感情豊かとは言い難い性格を、淡々とした声で表現されており、凄いなぁと思いました。

そして、一言一言が可愛いんです。
僕なんていちいち『がわいいおおおおおお!』って発狂しちゃいましたからね!

 

6位 櫻井孝宏


 

櫻井さんは、BLアニメでは『純情ロマンチカ』の高橋美咲役で主演されていました。

高橋美咲を演じてらっしゃる時は、【元気をもらえる、可愛くて元気な青年が発するパワフルボイス】というイメージでしたが、櫻井さんについて調べていた時、銀魂の斎藤終役を演じてらっしゃったという事実を知った時は、「え?まじで?? 高橋美咲と声全然違う?? スゴ!」ってビックリ感心したのは、つい最近の事です。

いやぁ、あそこまで声を変えれるなんて・・・。
全く櫻井孝宏さんだと気付きませんでしたよ。

 

7位 岡本信彦


 

岡本さんは、BLアニメでは『世界一初恋』の木佐翔太と、『hybrid child』の和泉小太郎役を演じていらっしゃいました!

僕の中での岡本さんといえば、『とある魔術の禁書目録』に出てくる、アクセラレータというキャラのイメージが強くて、「あのアクセラレータと、この木佐翔太の声優さんが…一緒だと!」と、初めは衝撃を受けましたね。

 

まあ、確かに改めて聴いてみると、元の声は木佐翔太と同じ声優さんなんだって感じがしますけどね。

岡本さんは、必死になるシーンの声が本当に切羽詰ったような、焦っている、必死になっているといった声で、すごく上手い声優さんだなと評価しています。

 

8位 野島健児


 

優しく柔らかで、そして爽やかな中音ボイスの声優さんです。

BLアニメでは、『同級生』の佐条利人役立ったのですが、物静かで真面目で神経の細かい性格を、ぼそぼそとしつつ、はっきりとした声で、いい感じに演じてらっしゃって、「こういう役って難しそうなのに凄いな」と思いました。

野島さんの主演しているBLCDは大体視聴しているのですが、小西克幸さんとのCPのBLCDを好きになる事が多いですね。

内容も良いのですが、二人の声の相性がすごく好きです!!
勿論、他の声優様との絡みも大好きですけどね!!

少しおどおどしたキャラや、冷静沈着なキャラ、物静かなキャラや、上品で綺麗なキャラなど、実にいろいろ演じているのですが、共通しているイメージが、大体どれも守ってあげたくなるんですよね。

きっと、彼の声質からそう思わされているのかと・・・。

 

9位 福山潤


 

福山さんは、BLアニメでは『学園ヘヴン』の伊藤啓太と、『咎狗の血』のリン役で出演されていました。

可愛らしく大人になりきれて居ない!そんな姿を想像させるであろう青年ボイスでありながらも、どこか落ち着いた声といいますか・・・。

同じ声なのに、役によってガラリと雰囲気を変えてしまうのですよ!
福山さんの声を耳にする度にビックリするんですよねぇ。

 

伊藤啓太の場合は、「落ち着きがない可愛らしい学生」というイメージにぴったりな声で、リンの場合は、「可愛いのに裏がある」という少し怖いキャラを、伊藤啓太の時とほぼ同じな声色で、喋り方や声に秘めた空気(と言うべきなのでしょうか?)が違っているだけで、「ここまで雰囲気が変わってしまうのか!凄い!」と素直に感じました。

 

10位 平川大輔


 

BLアニメでは、『LOVE STAGE』の相楽怜役で出演されていました。

平川さんの声って、少し独特な声で、鼻にかかったような、鼻から息を抜きながら、はっきりと声を出しているような声で、だからこそ印象に残りやすくて、「あっ!〇〇役していた声優さんの声だ!!」ってすぐ気付くんですよね。

声的に弱い弱しいような、お人好しすぎるような、ヘタレっぽい役とか似合いそうだなとか思っていたのですが、実は本人も【自称ヘタレ】で、マジか!と思いました。

そんな平川さんですが、声的ヘタレキャラとは一変して、演じるキャラによっては何でも完璧にこなす、スケジュール管理しっかりしていそうな、「ザ・仕事人」って感じな声にも聞こえたりするので、そこはスゴイと認めておきます。

関連記事

ページ上部へ戻る