声優になるために通うべき、おススメのスクール(養成所)&声優事務所

声優事務所に所属することを目指すには、それぞれの事務所のオーディションを受けることが基本になります。
なお、付属の養成所がある場合は養成所生 ⇒ 所属という流れが一般的です。

 

ちなみに、事務所提携ではない個人でやっているような声優塾は、附属養成所に比べて学費がお手頃なところが多いのですが、そのあとのお仕事にあまり繋がらない懸念があるため、冷静かつ慎重に調べて判断してください。

 

声優への道のりの厳しさを目の当たりにすると、「どうにか裏道はないかな」という考えがよぎることもあるかと思います。

しかし、例えば配信アプリ(※SHOWROOM、ミクチャなど)で開催されているキャラクターCVのオーディションは、そのあとのお仕事につながらないことが多いので、それに割く時間を考えると正直あまりオススメできないです。

 

また、『声優アワードオーディション』など、所属確約が特典になっている一般公募のオーディションを狙っても良いですが、倍率がとても高いうえに年齢の若い人を採用しがちなため、かなり狭き門です……。

ここで理解しておかないといけないのは、【演技未経験のままで事務所所属】というケースは本当にごく稀なパターンのため、まずはどのような場所・方法でも良いので演技を「学ぶ」ことが大切だということです。

 

パターン別に見る、おススメ声優スクール・養成所および事務所

おススメの声優スクール
 

一概に「声優」と言っても、その活動のジャンルは様々です。

……もちろん全てやりたい!という考えでも良いですが、「どのジャンルをメインにやりたいか」を決めることでその道への近道が見えてきます。

もし付属養成所を選ぶ段階で迷ったら、事務所によって「どんなジャンルに強いか」が違うので、自分の目指す声優像にあわせて選ぶことが大切です。

 

あなたのお役に少しでも立つことができればと、以下に項目別に分けたうえで、オススメのスクール(養成所)&事務所をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

 

1. アニメやゲームなど商業作品への出演を目指す場合

この場合は、ほとんどが附属養成所から事務所所属を目指す道順になります。

声優の専門学校などのオーディションは合格をもらっても、所属ではなく養成所特待生などになるケースが多いです。

もちろんフリーでこのようなお仕事をされている方もいますが、そのためにはオーディションの話を振ってもらえる人脈とコネが必要になるため、「元〇〇事務所所属で〜」といった感じで独立したケースがほとんどです。

 

以下、おススメのスクール(声優養成所)を挙げておきます。

 

● 日本ナレーション演技研究所(所属先:アイム、ヴィムスなど)


 

とにかく提携先が幅広く、ダントツで深夜アニメに強いです。

『日本ナレーション演技研究所』自体も授業数が週1プランから選べる上に、授業および校舎数が多いので、どの地域に住んでいても通いやすいのが特長です。

その分生徒数も多いので、所属するための競争率はかなり高いですが・・・。
実力さえ伴えば、声優への道がどんどん拓かれていくでしょう。

>> コチラから資料請求してみよう <<

 

●81アクターズスタジオ(所属先:81プロデュース)

81 アクターズスタジオ
最近すごく勢いのある事務所です。

付属養成所の入所試験については、すごく丁寧に審査してもらえる印象を持っています。

時折、養成所にまで覗きにくるマネさんに目をつけて貰えば在学デビューも可能。
ただ、女の子はアイドル声優寄りなので年齢が高いと難しいかも。
※入所制限自体が26歳と低めの設定です。

>> 詳しい情報はコチラ <<

 

2.外画(洋画)の吹き替え声優を目指す場合

この場合は附属養成所から事務所所属を目指すほかに、ワークショップに参加するという道もあります。

インターネットで検索すると、誰でも参加可能な外画専門のワークショップの参加者を募集していることがあり、そういう場で音響さんやキャスティングの方から指導を受け、それをツテにするのも近道のひとつです。

 

おススメの声優スクール&務所は下記です。

 

●talk back(所属先:ケンユウオフィス)

「吹替」といえばケンユウオフィスの名前が真っ先に挙がるでしょう。
頻繁にワークショップをやっているので、気になる人は参加してみると良いですよ。

アニメ声優と違い、年齢はあまり関係なく実力派が多いのが特徴です。

>> 詳しい情報はコチラ <<

 

3.テレビ番組などのナレーション

アニメ声優に比べると、ナレーターは年齢が高くてもきちんと仕事に結びつきやすいです。

ただ、ナレーションは演技とはまた違った技術が必要。
的確な指導を受けた上で基礎を身につけ、その後に事務所所属……というのがスタンダードな流れです。

 

それから、ナレーションに強い事務所とはいっても、もちろんアニメ方面の案件もたくさん回ってくるので、あくまで「どちらに強い」かです。

以下はナレーション専門事務所という訳ではなく、ナレーション方面にも強い声優スクールと事務所をおすすめとして挙げました!

 

●青二塾(所属先:青二プロダクション)

青二塾
ナレーション寄りだけど、アニメにもものすごく強い。

NHKの番組ナレーションなどにも積極的かつ強力なパイプがあります。

青二塾(付属養成所)は声優養成所の中でもかなりレベルの高いところだと思います。
入ってから伸びるというより、元々技術を持っている人向けかも。

そもそも入所自体が倍率高し。

>> 詳しい情報はコチラ <<

 

●マウスプロモーション


ナレーション寄りが顕著。
もちろんアニメ作品に参加されている声優さんも多いですが、新人はナレーションのお仕事のほうに一生懸命な印象。

付属養成所は演技経験、学んだことのある人のみ入所可能なため注意。

>> 詳しい情報はコチラ <<

 

●俳協ボイス(所属先:俳協)


「ナレーション」といえば俳協、というのが業界内での評判。

付属養成所は年齢制限の上限が広いので、他に比べ社会人からナレーターへの道を目指しやすい印象。
しかしながら、最近は俳協所属の新人さんがソーシャルゲームのCVをやっていたりするので、個人の資質によって柔軟に売り出してもらえるようです。

>> 詳しい情報はコチラ <<

 

4.個人、同人作品などのCVや動画サイトの広告などのナレーター&声優を目指す場合

おススメ 声優養成所
 

こちらは副業として、声優をやっていく道になります。

少し邪道かもしれませんが、声を使ったお仕事に変わりはないのでこれはこれでアリでしょう。

この場合は事務所に所属せず個人で請け負う形になるため、自分で「声優募集」の案件を情報収集してオーディションに申し込む必要があります。

 

広告案件については宅録と呼ばれる「在宅での個人収録ができること」が必須要件
機材の準備やノイズ除去等簡単な編集作業が必要になります。

 

その他、広告制作を請け負っている会社に個人でナレーターとして登録する道もあり、登録しておくと、企業側からのリクエストや広告会社のチョイスでその都度お声掛けをいただき、仕事を振ってもらえます。

もちろん、登録するにはボイスサンプルを提出した後、実力を測られる選考プロセスがありますが、ある程度基礎ができていれば問題なく登録できると思います。

 

同人作品については、サークル主さんなどがTwitterやHPなどで「声優募集」と呼びかけていることが多いので、こまめに検索をしてその都度申し込む形が多いです。


↑ こんな感じでカンタンに見つけることができるでしょう。

相性が良ければ「サークル専属声優」としての活動していく道もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口に「声優」と言っても様々な道があります。
みなさんにとって、最良の選択ができますように!

関連記事

ページ上部へ戻る