中学生が声優になるには・・・目指せ声優への道、中学生編

声優になるには、中学生

令和時代の現在、『声優』は憧れの職業のひとつで、志望者がものすごく多いです。

そんな中だからこそ、より早く、声優を目指す道に進み始めることはとても有利!
中学生の今から動き出すなんて、最高に良いスタートです。

 

とにかく立ち止まっている時間はもったいない!
あなたの夢を現実にできるよう、日々の努力を欠かさずに人気声優への道を目指しましょう!

 

声優になるために、中学生時代からできること

中学生声優
 

ところで【声優】という職業には、どんなイメージを持っていますか?

 

声優になるために必要な技術といえば、「優れた声質」、それに「演技力」……おそらくこの2点を最初にイメージするのではないでしょうか。

しかし、実は他にも大切なコトが多くあります。
声のスキルを身につけるための特別なレッスンを受けずとも、今日からできることもたくさんあるので、その点を確認しつつ「中学生」から声優を目指せる方法をお伝えしていきます。

 

声優として必要なスキルとは?

以下、必要になるスキルの一例です。

●声(発声、滑舌)
●体力(声の伸びにつながります)
●国語力(正しく台本を読み解く読解力・日本語力)
●演技力
●歌唱力
●外見(身だしなみ、セルフプロデュース力)

 

もちろん演技は、「役者」の根底として大切な要素。
けれど、それを引き立てる周りの要素だって、とても大切です。

 

マイクにしっかりと声を乗せるための基礎スキルと筋力、体力に加えて台本を読むための国語力

「芸能人」としての他人から見られる意識

そして近年外せない要素になってきた「歌唱」のスキル

・・・このように、多くの要素を全て身につけられた人が現在「売れっ子」呼ばれる声優になっています。

 

体力は日々の筋トレ、国語力は学校の授業、そして身だしなみは今この瞬間から始められる努力。

どうかぜひ日々の生活で心がけてみてください!

 

中学時代から、本気で声優を目指そう

中学生から声優になるには
 

さて、ここからは本格的に声優を目指すための方法のご紹介です。
そこで様々な道が存在しますが、ここでは【中学生デビューを狙える方法】
パターンを紹介します。

 

何にせよ、とにかく自ら動くことが大切!
自分に合う方法をよく考えて、よりぴったりな道から声優を目指しましょう!

 

① 公募オーディションを受ける

「新人声優発掘オーディション」を、中学生から受けられるものを狙う方法。

年齢制限の下限を広く取っているオーディションは、若いほど合格しやすい……かも?
演技経験がなくても、将来性で合格をもらえる可能性が高いので要チェック!

 

② 子役として劇団や事務所に所属する

年上の声優のたまご達と肩を並べるのではなく、年相応・ありのままの声が求められる案件が多いため、年齢を重ねてから声優を目指し始めるよりも少し有利。

演技力や歌唱力も身につけられる環境に身を置くのも、将来につながるステップになりますよ!

 

③ 付属養成所に通う

演技経験がない状態で声優を目指すのは、剣を持たずに戦場へ出向くようなもの……

時間とお金が許すのであれば、養成所で声優としてのスキルを身につけてから声優志望の同世代から一歩先へ踏み出すのが吉。

 

そこで以下、中学生から通えるおすすめの声優養成所を紹介します。

●日本ナレーション演技研究所(日ナレ)



中学生でも通える「ジュニアクラス」があり、学校にもしっかり通いつつ、声優として必要なスキルを身につけながら、日ナレ関連の事務所への所属を狙えます!

>> 資料請求はコチラから <<

 

●プロダクションエース演技研究所

14歳から通える、事務所直結型の声優養成所。
週2回の授業でしっかりとスキルを身につけられます!

 

参考となる声優たち

ところで、現在売れっ子として活躍している声優さんも、上記のような道を辿ってきた方がいます。

以下、中学生から声優としてデビューを果たした声優さんの一例です!

 

●進藤あまねさん


 

『響 新人声優発掘オーディション』を受け見事合格、翌年にアニメ声優デビュー。

 

●沢城みゆきさん


新人声優の公募オーディションを受け、演技経験がない状態で合格。

 

●平野綾さん

平野綾

(画像は https://grick.jp/artist/hirano.php より引用)


声優系ではない大手事務所に子役として所属、活動を経て声優デビュー。

 

●三瓶由布子さん

三瓶由布子

(画像は、http://www.axl-one.com/talent/sanpei.html より引用)


 

元々は子役として活躍しており、中学生の時にアニメ声優に抜擢され声優デビュー。

 

●早見沙織さん

早見沙織

(画像は、https://www.imenterprise.jp/profile.php?id=74 より引用)


 

日ナレジュニアクラスに中学1年生から通いはじめ、2年後に内部関連オーディションで合格、事務所所属に。

 

中学時代に鑑賞しておいた方が良い!?オススメアニメ作品3選!

下記の3つのアニメ作品は、声優を目指す中学生のあなたにはぜひともチェックしておいてほしいです。

●『桃華月憚』(2007)


早見沙織さんのアニメデビュー作品

 

●『SHIROBAKO』(2014)


アニメ業界の日常を描いた作品

 

●『バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜』(2019)


進藤あまねさんのアニメデビュー作品

 

以上、3つの作品を紹介させていただきました。

どのようなジャンルでも構いません。
アニメ作品を見ることは多くの演技に触れることです。

自らの職業にするのであれば、ぜひ多くの作品に触れ、先輩方の演技から学びましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る