17ライブで声優志望の初心者配信者が成功するための3つのコツとは?

声優志望の方にとって、ライバーとして配信アプリで活動していくことはとても勉強になります。
また、人気が出たら声優事務所の人もほってはおかないでしょう。
評判を聞きつけ、配信をのぞきに来ることも大いにありえます。

 

しかし、はじめるにあたっては、知っていおいてほしい心構えがあります。

その中でも、「これさえ知っていれば、絶対に成功できる!」という3つのコツをお伝えしておきます。

これから配信アプリでライバーになりたい声優志望者の人は、是非とも参考にしてみてください。

 

配信アプリ選びがキモ


声優志望の方がライバーとして活動していくならば、配信アプリは『17ライブ』をオススメ致します。
ただ、もう1つあげるとするならば『ふわっち』です。

ちなみにあなたが男性の場合、、視聴層がその配信を見てもらえるような年代である配信アプリを選ぶ必要がありますが、10代、20代の女性ならばどこの配信サイトでも需要があります。

その中でも、稼ぎやすくて今後も伸びる可能性が高いのが『17ライブ』か、もしくは『ふわっち』です。
この二択しかないといって過言ではないですね。

 

『YouTube』や『ツイキャス』も確かに需要はあるのですが、収益化出来るまでに様々な縛りや条件があるのでオススメできません。
しかし単純に配信を楽しみたいという希望ならば、横の繋がりもできやすいツイキャスがいいかもしれません。

 

配信のやり方や覚えておくべきこと

17ライバー画像
配信の収入源は、基本的に【投げ銭システム】です。
視聴者がアイテムを購入して、それを使えば購入額の約15~40%が利益になります。

そしてアイテムを沢山投げられるために、必須の要素が3つあります。

① 配信時間をできる限り長く、毎日決まった時間に配信

② 視聴者数を多くするための差別化

③ アイテムが飛んでくる事に反応する

上記3つは単純に思えますが、とても大事です。

 

それでは順に解説していきますね。

① 配信時間をできる限り長く、毎日決まった時間に配信

17LIVE
配信で大変なのが、「初めのうちは視聴者が0人」という状態に耐えられるかどうか、です。
ここを乗り越えられずに配信をやめる方が半数ほどいます。

だって考えてみてください。
ユーザーの皆さんは、普通の人の配信を見るくらいなら、有名な人の配信を見るからです。

それを乗り越えるために大事なのが、【配信時間をできる限り長く、毎日決まった時間に配信】という訳です。

 

例えば、今日たまたま見た人が次の日やっていたら「覗いてみようかな」くらいの気持ちにはなります。
しかし、次の日にやっていなかったら・・・その気持ちすら生まれません。

そんなチャンスを掴み損ねないために、この意識の徹底をお願いします。

 

②視聴者数を多くするための差別化

17Live 差別化
いまや、たくさんライバーがいるのですが、あなたの存在を差別化し、ファンをたくさん作るためにするべきことは沢山あります。

名前、サムネイル、配信のタイトル、視聴者との接し方・・・など、書いていたらここに収まりきらないでしょう。

そこで、簡単にまとめるならば【他の配信者と同じことをしない】、このような考え方を持つようにしてください。

例を挙げます。
YouTubeで大物配信者が『大食い企画』などをよくやっていますよね。
あーいうのは既にある程度の視聴者が確保されているから再生されますが、配信したばっかりの人が同じ企画をやっても、視聴者はあまり集まらないことは明白です。

ただ、「毎日違う内容や企画を考えろ」とは言いませんが、人とは違った企画やモノの見方で配信を心がけると新規参入者が増えやすいです。

 

③アイテムが飛んでくる事に反応する

投げ銭 ライバー
アイテムに反応することで、視聴者に「投げたい!」と思わせられたら最高です。
(※このようなアイテムを使うことを「投げる」といいます)

有名配信者は有料アイテムが投げられた後にそのコール、もしくは感謝の弁を伝えます。
花火アイテムだったら「たまや~」と言ったり、花火の音の真似をしたりするような感じです。

嘘のようですが、視聴者側はアイテムを投げて配信者が良好な反応をすることをとても好みます。

 

「○○さんありがと♡!」と、名前を呼ばれるだけで「また投げよう」と思う視聴者はいっぱいいます。
これは、AKB48の握手会に近い感じです。

ですので、アイテムを使って頂いた後の反応をとにかく大事にしてください。

 

まとめ

上記に挙げた以外にも、もちろん他にもテクニックは沢山ありますが、初めのうちはここで挙げた3つを大事にした配信を心がけることが重要です。

これらは基本中の基本ですが、心掛けることはしても、実際に実践することは難しいです。

言ってしまえば、センスがあれば、たったこの3つを守るだけで視聴者はいくらでも付いてくるので頑張ってほしいです。

声優志望者とライバー、組み合わせとしてはとても良いものですからね。

関連記事

ページ上部へ戻る