声優の卵の人、必見! スタッフさんから応援してもらえる声優の特徴とは?

専門学校や養成所に通い始めると、講師や事務スタッフ、
養成所を出入りしている声優プロダクションのマネージャーや業界関係者など、
様々なスタッフさんとの出会いがあります。

そのようなスタッフさんと良い関係を築いていくことがとても大切なのは、
説明するまでもありません。

 

その上で、プロの声優を目指す方が、日々彼らと接していく上で、
特に意識した方が良いことがあります。

それは、“ スタッフさんから応援してもらえるような生徒になる ” ということです。

 

業界の関係者含めスタッフさんから応援されるということは、
人を惹(ひ)きつける才能がある」、、、
つまり「売れる声優としての素質がある」という証でもあります。

s-adobestock_45949500
普段からスタッフさんに応援してもらえたり、気にかけてもらえたりすると、
オーディション情報や新しいお仕事の情報をもらえたりする可能性もあります。

実際に有名な人気声優の方は、
テレビやステージの裏側でも、
周囲の人にとても礼儀正しく気配りもできるという評判をよく聞きます。

 

スタッフさんに応援されるということは、声優業界・芸能界を生きて抜いていく上で、
プロフェッショナルとしての大切な要素にもなるのです。

そこで今回は、
スタッフさんから応援してもらえるタレントさんの特徴を紹介します!

 

スタッフさんから応援してもらえる声優の特徴

1.礼儀正しい

声優業界はある意味体育会系のような部分もあるので、
礼儀やマナーにとても厳しい業界です。

大きな声で挨拶をする、ゼッタイに遅刻をしない、お礼をしっかりと言う・・・
どれも基本的な動作ですが、これがなかなか難しいのです。

adobestock_27379709
専門学校や養成所に通うと、初対面の人に出会う機会が増えるので、
自分から積極的に挨拶をするには少し勇気がいります。

また、有名な講師の方や業界関係者に会っても、
緊張して挨拶をするのが難しいということもあるかもしれません。

 

しかしスタッフさんは、そんなあなたのことをしっかりと見ています。
先生や親のように“ 挨拶はしっかりしなさい ” と
厳しく怒ってくれるスタッフさんは少ないかもしれませんが、
内心では、“ この子は挨拶ひとつできないのか… ”と、ガッカリされていることでしょう。

笑顔で大きな声で挨拶をする習慣を身につけましょう。
挨拶から会話が生まれ、会話からチャンスを掴むヒントが生まれる可能性もあります

 

2.相手の立場によって態度を変えない

礼儀やマナーは大切ですが、相手の立場によって態度を変えてしまっては逆効果です。

例えば、人気講師や業界関係者にはしっかりと挨拶やお礼を言うのに、
スクールの事務スタッフや同じ立場の生徒にはほとんど挨拶をしない・・・
こんな風に相手の立場によって態度を変えることは、あなたの評判を下げてしまいます。

 

立場の偉い人は、今までたくさんの人と接して、
何度も丁寧な扱いを受けることに慣れているので、
あなたがどういう人間なのかは簡単に見透かされてしまうでしょう。

誰にでも同じような態度で接するように心がけてください。

 

3.サボらない

専門学校や養成所は、今まで通ってきた義務教育の学校とは違います。
卒業したからといって何かが認められたり、未来が保障される訳ではありません。
生徒は、学費を払ってくれるお客様でもあるので、
レッスンをサボっても誰に怒られる訳ではありません。

 

一度サボると、だんだん癖になってきて、
「このレッスンは、めんどくさいから出なくていいや」
「あいつの講義つまらないからいいや」
「あの実習めんどくさい」
・・・そして最後には、「とりあえず卒業できればいいや」
これではもはや、何のために声優スクールに通っているのか分かりません。

 

【ゼッタイに声優になる!】と決心したら、他の誰よりも練習することです。

s-adobestock_96992091
誰だってたまには休みたくなる時があるもの。

周囲の大人は、そのことを分かっているので、少しくらい体調が悪くても休まない、
手を抜かないという姿勢は、周囲の人たちへの大きなアピールになります。

 

4.スキルアップに貪欲

もちろん、休まずにただ日々のレッスンを受けてればいいという訳ではありません。

レッスンで与えられた課題をこなすことはもちろん、
レッスン以外の時間も、とにかくスキルを上げることだけを考えましょう。

 

義務教育の世界とは異なるので、
レッスンを始めて1年目の人が、2年目や3年目の先輩よりもスキルが上でも良いのです。

もちろん、専門学校では、
学年によってカリキュラムが異なり受けられるレッスンに制限があったり、
養成所もスキルによってクラス分けをされてしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、声優業界は、スキルや人気も含めて、
生き残れるかどうかの実力主義の世界です。

 

自分のスキルが先輩と同じくらいだとか、同期よりは上手いとか、
そんなことはハッキリ言って意味がありません。

とにかくプロとしての実力をつけるために、
毎日できる限りの努力をしましょう

そのためには、スタッフさんに積極的に話しかけ、
どんどんアドバイスを求めましょう(もちろん迷惑をかけない範囲で)。

 

プロになるために自分には何が足りないのか?
そのためにどんな練習をすればいいのか?

夢に向かって真剣に向き合っている姿を見て、
スタッフさんもきっとあなたを応援したくなるはずです。

 

5.正しい努力をしている

夢を実現するために、正しい努力をしましょう。

そんなの当たり前と思うかもしれませんが、あなたが今頑張っていることは、
本当に正しい努力と言えるでしょうか?

自分の嫌いなことや苦手なことから逃げていませんか?

デビューのきっかけを掴むために、貪欲にチャンスや情報を求めていますか?

『今はまだそのタイミングじゃない』などと自分に言い訳をしていませんか?

 

努力とは、ただ自分がやりたい練習を一生懸命することではありません。
デビューというゴールに到達するために、
本当にやらなければいけないことに真剣に取り組むことが、正しい努力です。

正しい努力をしなければ、スタッフさんには、
ただ “ 頑張ってる自分の姿に酔ってるだけの痛い人 ” と思われてしまいます。

 

6.小さなチャンスを大切にする

ガヤ(大勢が参加するエキストラ)のような小さなお仕事でも、
プロの現場を体験できる機会があれば積極的に参加しましょう。

“ こんなのデビューに繋がらない “ という理由で断る人もいるかもしれません。
確かにそうかもしれません。

しかし、スタッフさんから強くオススメされたり、
直接お願いされるようなことがあれば、引き受けるのが正解です。

 

また、スタッフさんが困っていることで、自分にできることがあれば、
積極的に手助けしてあげましょう。
小さなことでも引き受けることで、スタッフさんとの信頼関係が深まり、
次の大きなチャンスへと繋がることがあります。

 

7.勘違いしない

専門学校や養成所は、あなたが憧れていた声優業界の入り口です。
今まで憧れていたプロの声優や、その事務所のスタッフさん、
アニメの有名な制作スタッフさんに会うこともあるでしょう。

また、同じスクールの知り合いや友達が、デビューすることもあるでしょう。

 

SNSに投稿したら炎上してしまうような、
業界のオフレコ話を知ることもあるかもしれません。

それだけで、まるで自分が声優業界の関係者になったような気持ちになり、
人に自慢したり、気持ちが大きくなってしまうことがあります。

 

しかし、決してそこで満足するようなことがあってはいけません。
また、有名な専門学校や養成所に通っていること自体を、
自分のアピールにしている生徒もいます。
プロの声優になりたくて、スクールに通っているのに、
それでは本当にただの “ 痛い人 ” になってしまいます。

 

8.約束を守る

スタッフさんと一緒に決めたことや、
自分自身でやると宣言したことは、必ずその約束を守りましょう。

もしくは、その約束を守るための努力を最大限しましょう。

そして、どんな発言にも、しっかりと責任を持ちましょう。

s-adobestock_51323678
例えば、
『演技力を高めるために、これから毎日、〇〇のトレーニングをします!』と宣言したのであれば、
必ず実践しましょう。

もしあなたの宣言通り、それを実践したことでスキルアップできたのであれば、
必ずスタッフさんからのあなたに対する信頼度は増します。

“ こいつは自分で決めたことをしっかりやり遂げられる人間だ ” と。

 

しかし、自分で宣言したことを
“ あれは、その場のノリで言っただけ ” と言って何も実行しなければ、
あなたの信頼はたちまち無くなってしまいます。

 

あなたの成長を本気で願うスタッフさんなら尚更、
あなたという人間にガッカリしてしまうでしょう。

当然、あなたを応援したいとは思わないですし、
何か有益な情報を教えたいとも思わないでしょう。

 

スタッフさんには、ゴマをすった方がいいの?

今回は、スタッフさんから応援してもらえる声優の特徴を紹介しました。

ここで1つ注意して欲しいのは、
「応援してもらえる」ということは、
決して「ゴマをすって気に入られる」とは意味が全く違うということです。

 

ご飯へ一緒に行ったり、
プライベートでも仲の良い関係を築いていくということでもありません。

もちろん、それらを否定するつもりはありませんが、
それだけでデビューのきっかけを掴むことは絶対にできません。

仮に、ある特定のスタッフとさんと仲良くなったとしても、
あなた自身がプロの声優として活躍できるだけのスキル・個性・可能性を身に着けている人材でなければ、
あなたを業界関係者に対して“ 推し ” てもらえることはありません。

adobestock_84655955
スタッフさんとの【コネ】は、
あなたに声優としての可能性があることが大前提なのです。

あなたが専門学校や養成所で出会ったスタッフさんは、
あなたがプロの声優さんになればこの先、一生の付き合いになる人かもしれません。

 

声優としてのスキルアップはもちろんのこと、
スタッフさんとの関係も大切にしながら、夢に向かって突き進んでいくことを忘れずに!

TEXT / 内田涼一

関連記事

ページ上部へ戻る